メロンの育て方

家庭菜園やベランダガーデニングでメロンを栽培するのは難しいですが、決して不可能ではありません。ここではチャレンジする方にとって役に立つ、メロンの育て方を解説しています。プランターや鉢選びから、病気や害虫の種類、水やり、追肥・肥料、芽かき等、育て方を覚えて美味しい収穫を!

メロンの育て方「家庭菜園やガーデニングでの栽培方法は難しい?」

昔から高級なイメージがあるメロンは、素人の家庭菜園やガーデニングでの栽培は難しいとされていました。通常メロンはハウスにて、きめ細やかな管理のもとで栽培され、非常に手のかかる果物だからです。そのため、ネット上を探しても、メロンの育て方を詳しく解説しているホームページはあまりありません。やはり、家庭菜園やベランダガーデニングで、メロンの栽培は無理なのかというと、必ずしもそうではありません。素人でもできる栽培方法で、それなりのメロンを育てることは可能です。
ここではそんなメロンの栽培方法をご紹介していきます。ここで育て方を覚えて、メロン栽培にチャレンジしえみませんか?

メロンの育て方「鉢、プランターの準備と土の準備」

メロンの育て方として、まずは何にメロンを植えるかですが、ここではベランダガーデニング・家庭菜園で説明しますので、プランターか鉢を用意指定いただきます。できれば鉢の方をおすすめしますが、直径40~50cm、高さ20~30cmぐらいの大きな鉢を用意してください。軽いプラスチックの鉢の方がおすすめです。
この鉢に入れる土は、窒素、燐酸、カリが入っているものを選びます。ホームセンターの園芸売り場には、お徳用として15kg入りのものなどがありますので、それを購入すれば良いでしょう。

メロンの育て方「植えるメロンの種の種類」

さて、メロンの育て方として、次は種になります。ここで用意いただくのはアールス系の種となります。ベランダガーデニング・家庭菜園でのメロンの育て方を解説しますので、プリンスメロンだとそれができないので選ばないようにして下さい。
ただ、アールス系の種はホームセンターだとなかなか見つからないかもしれません。種屋さんを使うか、あとは通販で探せば見つかると思います。
無事にメロンの種を入手できたら、それを水につけておいて下さい。メロンの発芽適温は28度ですので、暑い季節であればそのままでも1週間ほど時間をかければ発芽しますが、加温してあげることで、2、3日で芽が出るでしょう。

メロンの育て方「株の植え方と、雨避けのビニール」

発芽した苗は鉢で育てますが、土を根元まで盛り上げず、なるべく浅植えにしてください。日当たりを好みますので、そのような場所に置くことと、毎朝の水やりを欠かさず行ってください。また、ホームセンターで購入した土であれば、肥料は必要ありません。
メロンは雨を嫌いますので、 ビニールで雨よけをするのも、メロンの育て方として大事なことです。また、これにより温室の効果も得ることが出来ます。

メロンの育て方「支柱と芽かき」

つるが延びてきたら支柱を使います。支柱は3本の棒にらせん状に回っている針金を使います。高さは1~1.2mぐらいで良いでしょう。また、支柱が必要なくらい育ったら、わき芽もたくさんでてきますので取ってあげましょう。果実を大きくするに、複数個では養分が分散しないように、一株一果とするのも、メロンの育て方のポイントです。

メロンの育て方「日が当たるように下葉をとる」

先に説明したとおり、メロンは日当たりを好みます。支柱を施行してしばらくしてさらに育ってくると、葉数も増えてくるので、下葉を取ってください。これはつるの根元に常に日が当たるようにする為です。これによりツル枯れなどの病気を防ぎます。結局は5枚位の葉を取る事になるでしょう。やはりメロンの育て方として欠かせない作業になります。

メロンの育て方「人口受粉」

メロンの花が開花したら、今朝開花したばかりと思われる元気な雄花の花びらをとり、花粉を雌花にこすりつけ人口受粉の作業をします。うまく受粉ができて、メロンの果実が膨らみ始めたら、出来たばかりの果実は傷が付きやすいので、傷が付かないように注意しましょう。もしここで傷を漬けてしまったら、その傷は最後まで残ります。

メロンの育て方「追肥・ひび割れ・吊り」

メロンの果実が卵大にまで育ってくると、果実の重さで下にたれてきます。紐でつるなどして垂れないようにします。また、このぐらいの時期に追肥を行います。化成肥料(8-8-8)を一握り程度でよいでしょう。また、水やりも多めにすることで肥大が促進されますが、ひび割れしはじめたら少なめにして、水やりで調整してください。多少のひび割れは、素人のベランダガーデニング・家庭菜園での育て方ではしょうがありませんので、あまり神経質にならず、目をつむりましょう。

メロンの収穫

メロンは収穫まで大体100日くらいかかると思います。失敗した場合は、メロンの実が野球のボールぐらいにしか育たないかもしれませんが、うまくいけば、サッカーボールまでは無理でしょうが、ベランダガーデニング・家庭菜園でも子供用のドッヂボールぐらいにはなるかと思います。大体メロンが1.4kg以上にまで育てばとりあえず成功ではないでしょうか。実際に食べてみると少し糖度が足りなかったりと、大きさだけでは語れませんが、そのぐらいの大きさまで栽培できれば、家庭菜園・ベランダガーデニングとしては、まずは合格点だと思います。

メロンのかかりやすい病気と害虫

メロンでよくかかる病気としては、家庭菜園・ガーデニングではおなじみの「うどんこ病」や、ツル枯れなどです。また、害虫としては、やはりおなじみのアブラムシが付きやすいので、消毒するか、牛乳スプレーなどを使って駆除してください。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017生活の知恵ドットコムAll right reserved.
-生活の知恵ドットコムには役に立つ情報が集まっています-