軽自動車の安全性

軽自動車の中で安全性が高いのはどれなのか。ここでは最近のKカーの安全性能についての比較を中心に、税金、燃費、自動車保険料などの維持費の話など、軽自動車をもつメリットについてをわかりやすく紹介しています。買うならコンパクトカーよりもKカーが良い?

衝突安全性とともに居住性も飛躍的に向上、燃費良しの軽自動車

ガソリン価格の高騰もあり、車の買い替えにおいて、軽自動車という選択を思い浮かべる人が多くなりました。そこで気になるのが軽自動車の安全性です。普通車と比較して小さい軽自動車は、どうしても安全性で普通自動車に落ちる印象を持つ方が多いようです。そこで、最近軽自動車の安全性について書いてみたいと思います。

普通自動車と比較しても遜色無い、軽自動車の衝突安全性能

現在の軽自動車の規格は1998年に変更されたもので、これの狙いは主に軽自動車の衝突安全性の改善で、当時、各メーカーよりこぞって新規格の軽自動車が発表されました。この時より、軽自動車の規格は、全長3400mm以下、全幅1480mmと設定されました。ちなみに旧規格は全長3300mm以下で、全幅は140mmでしたので、全長で10cm、全幅で8cmほど大型化したことになります。
この時の規格変更により、Kカーの衝突安全性は、かなり高い性能を持つようになりました。また、衝突安全性の他にも、走行性能アップ、質感の向上、居住性の向上などの効果も生みました。
一口に軽自動車の安全性が向上したと言っても、当然ながら車種で比較すると差がありますし、ボディタイプによっても差があるようです。
衝突安全性の試験において、特にその高い安全性が認められた乗用車タイプの軽自動車は、以下の5車種です。

ゼスト(ホンダ)

セルボ(スズキ)

ステラ(スバル)

R2(スバル)

ムーブ(ダイハツ)

運転席32.17点
助手席21.75点

運転席31.33点
助手席21.41点

運転席31.32点
助手席21.67点

運転席30.83点
助手席20.17点

運転席31.58点
助手席21.27点

ちなみ乗用車タイプであまり成績のよくなかったものは、スズキのアルトラパン(運転席23.62点、助手席16.82点)です。これ以外の車種の比較は、運転席が30弱、助手席が20点前後といった感じで、あまり大差はありません。また、SUVタイプのものはおおむね好成績で、下記のようになっています。

・ スズキのジムニー(運転席28.39点、助手席22.17点)
・ ダイハツのテリオスキッド(運転席29.17点、助手席21.90点)
・ ミツビシのパジェロミニ(運転席31.98点、助手席21.32点)

これと反対に、1BOXタイプのものはあまり成績がよくありません。

・ スバルのサンバー(運転席20.91点、助手席14.47点)
・ ホンダのバモス(運転席23.39点、助手席16.65点)

しかしスズキのエブリィと、それの同型であるマツダのスクラムは、比較的良い成績をおさめていて、運転席が27.94点、助手席が22.25点となっています。

軽自動車の衝突安全性の総括

軽自動車の中でも、最初にあげた5車種については、普通自動車と比較しても遜色のない衝突安全性能をもっていますので、これら軽自動車を選択する限り、軽自動車であるデメリットを考える必要はないでしょう。それに比べると、1BOXタイプはあまり成績がよくありません、特にサンバーはかなり低い点数となっています。やはりボディ形状の問題から、ボンネット部分が存在する乗用車タイプと同じ安全性を保つのは難しいのでしょう。しかし、その中でもエブリィ&スクラムは比較的よい数字を出しています。安全性だけで1BOXを選ぶならこの車種になると思います。

ちなみに残念なことに、高い衝突安全性能をもっている軽自動車は、おおむね車重が重くなっています。ゼストは880kg、ステラは870kgもありますし、その他の3車種も800kgクラスとなっています。軽くてキビキビ走って、衝突安全性能が高い軽自動車が理想ですが、残念ながら車重と安全性はトレードオフの関係となっているようです。

軽自動車のメリット「下取り査定が好条件」

軽自動車は日常の足として、あるいは最近の居住性の高い軽自動車であれば長距離ドライブでも、また、配送業や営業用の車としつかわれるなど、そのユーザーは若い女性からお年寄りまでと、幅が広いのが特徴です。しかも維持費が安いという、普通自動車にくらべると大きなメリットがありますから、軽自動車の中古車相場は高値となっています。ですので、下取査定では比較的良い条件が提示されることが多いのも特徴です。逆に、中古車相場が安定して高く、値落ちが少ないので、購入・買い替えの際は、新車をというユーザーが多いようです。

軽自動車のメリットは維持費、税金が安い「軽自動車税は7200円」

軽自動車の一番のメリットといえば、自動車税制の軽減措置があることですね。軽自動車の維持費が安い理由は色々ありますが、これが特に大きいですね。例えば、1300CCクラスのコンパクトカーの自動車税は34500円ですが、軽自動車の場合はわずか7200円、およそ5分の1しかかかりません。

軽自動車のメリットは維持費、税金が安い「軽自動取得税は3%」

また、取得税は小型車・普通車が取得価格の5%ですが、軽自動車は3%で済みます。さらに重量税のついても安くなっており、購入時に3年分を支払ったとすると、コンパクトカーでは37800円ですが、軽自動車では13200円しかかかりません。そしてそして、自賠責保険料も3年分だと7720円もコンパクトカーに比べて安くなるのです。

保険料も割安、燃費も良し、軽自動車を選ばない理由は?

このように税金面でもメリットが多く、燃費もおおむね良好です。ターボ付でも、極端に燃費が悪いということはありません。それに衝突安全性能も問題なければ、軽自動車で十分なのではないでしょうか。自賠責保険だけではなく、軽自動車は任意保険の保険料も割安ですし、本当にあなたの生活に普通自動車が必要なのかどうかを、見直してみてはいかがでしょう?最近の軽自動車は居住性も問題ありませんし、走りの性能も普段の生活には十分なものです。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017生活の知恵ドットコムAll right reserved.
-生活の知恵ドットコムには役に立つ情報が集まっています-