自転車の消費カロリー

楽しくて効果的、成功している方もいっぱい。自転車によるダイエットはちょっとした小旅行気分で長く無理なく続けられます。自転車の消費カロリーをわかりやすく説明し、また、わかりやすい早見表も掲載しています。効果的なダイエットで、メタボリックシンドロームからの脱出を成功しましょう。

自転車ダイエットはメタボリックシンドロームに効果的

メタボリックシンドローム対策で、ダイエットへの関心は高まっています。色々なダイエット方法があり、メタボリックシンドロームと診断された方は、色々なダイエット方法をしらべているのではないでしょうか。ですがやはり、健康的なダイエットには運動、しかも有酸素運動が最適と言われています。たんなる食事制限だけのダイエットの場合、脂肪とともに筋肉も落ちてしまいますので、リバウンドしやすい体になってしまいます。また、筋トレなどの無酸素運動では、有酸素運動に比べると脂肪はなかなか落ちませんし、筋肉が太くなってしまいます。それに比べ、有酸素運動によるダイエットは筋肉が太くなることはありませんし、脂肪も効率よく燃焼し、ダイエット効果が高いのです。

自転車ダイエットは有酸素運動効果で、すっきり脂肪が落ちます。

たまに、「でも競輪選手の足は物凄く太いんじゃ?」という質問が見受けられますが、競輪選手達は陸上競技でいえば短距離ランナーです。瞬発力・ここ1番のスピードをあげる訓練をしており、これによって早筋(白筋)が鍛えられ、筋肉が太くなっているのです。有酸素運動で鍛えられる遅筋(赤筋)は、太くなることはありません。スピードや瞬発力を意識するのではなく、長く乗り続けられる速度を意識していれば、あのような太い足になることはありませんので心配は無用です。

自転車の消費カロリーはMETS法

自転車によるダイエットに取り組んでいる方、メタボリックシンドロームと診断され、これからダイエットに取り組もうとしている方にとって、気になるのは自転車の消費カロリーですね。自転車による消費カロリーの計算によく使われるのはMETS法というもです。ここではMETS法の計算方法についてできるだけ簡単に解説してきいきますが、面倒でしたら、後の項目に簡単な自転車の消費カロリー表ものせていますので、そちらをご覧下さい。

簡単でわかりやすい、METS方による自転車の消費カロリー具体例

自転車の消費カロリー計算で良く使われているMETS法は、METS数を使って計算していきます。「運動などで消費されるエネルギー量が、安静時の消費エネルギーの何倍にあたるか」示すのがMETS数です。色々な運動に、それぞれMETS数が割り当てられいます。例えば「1時間に16キロ進むぐらいの速度(時速16キロ)のサイクリング」であれば、そのMETS数は「5」となっています。こういった数値を、下記の計算式に当てはめていきます。

体重(㎏)×METS数×運動時間(時間)=消費エネルギー(kcal)

わかりやすく具体的な数字を使った例をあげますと、「体重60キロの人が時速16キロで自転車に60分間乗った場合」

60(㎏)×5(METS)×1(時間)=300kca

ちなみに、脂肪1㎏を減らすために必要な消費カロリーは約9000kcaですが、実際は、脂肪に20%の水分が含まれていることから、その8割にあたる7200kcalが、1kgの脂肪を減らす為に必要な消費カロリーとなります。
これを前項の自転車の消費カロリー計算例で考えると、

「 体重60kgの人が時速16キロの自転車1日60分を1日行う300キロカロリー消費」


でしたから、1kgの体重を落とす為には、

7200 ÷ 300 = 24

という結果がでます。つまり、時速16キロで1時間ほど自転車のにのった場合の消費カロリーは300kcl、そして、1kgの脂肪を燃焼させる為に必要な消費カロリーは7200kcalですから、「24日同じペースで自転車に乗れば1kgの脂肪が減る」ということになります。もちろん人間の体は機械ではありませんので、様々な要因で数値は変動しますが、おおよそ、自転車の消費カロリーはこの説明のとおりになります。

自転車ダイエットの効果、成功、ジョギングなどに比べた利点

自転車ダイエットで旅行実は自転車の消費カロリーはそんなに多くはありません、ウォーキングと大差ない程度で、効率だけを考えたらジョギングの方が優れています。60kgの人が1時間ジョギングすれば、だいたい480~600程度の消費カロリーになるからです。ただ、自転車でのダイエットには、単純な効率以外の利点があり、それが成功者を生んでいます。自転車ダイエットの最大のメリットは、スピードがあるので風が体にあたり、冷やされることにより体温があまり上がりませんので、結果、疲れにくくて長い持間運動を持続できることです。移り変わる景色を眺めていると、1時間なんてあっという間に経ちますし、何しろ遠くまでいけますから、ちょとした小旅行気分になれて、精神面でも良い効果を得られるでしょう。
ウォーキングが退屈で続かなかった人も、ジョギングだと膝の故障が不安だったりという体重のかなり重めな方も、自転車ダイエットであれば、消費カロリー以外のメリットで、長く続けられてダイエットに成功するかもしれませんよ。

他のダイエット運動のMETS数

参考として、その他のMETS数を掲載しておきます。

ウォーキング時速6キロ「4METS」
ジョギング時速8キロ「8METS」
ジョギング時速10キロ「11METS」
サイクリング時速16キロ「5METS」
サイクリング時速20キロ「8METS」
クロールで泳ぐ「8METS」

自転車の消費カロリーの早見表

以下に、1時間自転車に乗った場合の消費カロリーの早見表を乗せておきます。

時速10km(METS数4)

時速15km(METS5)

時速20km(METS7)

40kg 160kcal
50kg 200kcal
60kg 240kcal
70kg 280kcal
80kg 320kcal
90kg 360kcal

40kg 200kcal
50kg 250kcal
60kg 300kcal
70kg 350kcal
80kg 400kcal
90kg 450kcal

40kg 280kcal
50kg 350kcal
60kg 420kcal
70kg 490kcal
80kg 560kcal
90kg 630kcal

CopyRight 2008生活の知恵ドットコムAll right reserved.
-役に立つ情報が集まっています-