りんごダイエットの方法

りんごダイエットと言っても、3日間りんごだけで過ごすダイエット方法だけではありません。「あるある大事典」や、みのもんたさんの「おもいっきりテレビ」で紹介された、健康的におこなう「りんごダイエット方法」も存在します。さらにはりんご酢を使ったダイエット方法も、健康面や美容面への効果も高いとして人気になっています。ここではこれら各りんごダイエット方法のしくみややり方、さらには「みかんダイエット」についても解説しています。

何種類か存在する「りんごダイエット」の方法とは?

りんごダイエットと言っても実はいくつかの方法があるのをご存知でしょうか?
ここではそんなりんごダイエットの方法として、10年以上も昔に大流行し、一番有名と思われる単品・絶食系の「りんごダイエット方法」、数年前に「あるある大事典」や、みのもんたさんの「おもいっきりテレビ」でも紹介された、食前にりんご半個を食べる方法 、さらにはりんご酢ダイエットの方法などを紹介すと共に、「みかんダイエット」についても少しふれていますの。

一番有名と思われる、オーソドックスなりんごダイエット方法。

りんごは制限無く食べられるではまず最初のりんごダイエットですが、これはりんごダイエットの中でも最もおなじみな、「単品ダイエット」に分類されるダイエット方法についてです。これが初めて世に知られたのはもう10年以上も昔のことで、このりんごダイエットの方法はいたって簡単、3日間を3食全てリンゴですますという方法です。
この期間中は、りんごについては特に食べる制限は無く、好きなだけ食べる事が出来ます。ただ、さすがに3日間リンゴだけというのは飽きがくるのではないでしょうか。
何しろりんご”だけ”を食べるダイエット方法ですから、レシピはあまり多くありません。ふつうにりんごを食べる、ジュースにする、すりおろしりんご、焼きりんご等、レシピとも呼べないようなレシピくらいしかありません。この為、空腹感に耐えられないという方も多いですが、りんごばかりの食事に耐えられなくなったという方が多いようです。
このりんごダイエット方法のしくみは、まずは低カロリーであるということです。りんご1個は100~150キロカロリー程度しかありませんので、お腹いっぱい食べてもそのカロリーはたかが知れています。それに、りんごに含まれる果糖は、脂肪燃焼を促進させる効果があります。
また、 りんごに含まれる食物繊維のペクチンが腸内をキレイに、便秘解消の効果もあることから、ダイエットにむいていると言われています。
確かにこの方法によるりんごダイエットは、3日間続ければ間違いなく痩せるでしょう。しかし、健康的なダイエットとは程遠いものです。このような単品・絶食系のダイエットは、なんらかの理由があって、とにかくすぐに体重を落としたいという方意外には全くおすすめできません。健康面のデメリットも大きいですし、ほぼ100%リバウンドします。
あるグラビアアイドルが、撮影の直前だけいまだにこの単品系のりんごダイエットをやるときがあると言っていましたが、そのような特殊な用途以外では、この方法を使わないほうが良いでしょう。

あるある大事典やみのもんたさんも紹介した、りんごダイエットの方法。

青リンゴが最適一番最初に認知されたりんごダイエットは、とても広くおすすめできるようなものではありませんでしたが、その後、無理のないりんごダイエットの方法が知られるようになりました。紹介されたのは、色々と問題があって終了した「あるある大事典」と、みのもんたさんでおなじみの「おもいっきりテレビ」です。
「あるある大事典」といっても全てがやらせというわけではなく、他のメディアでも広く取り上げられましたので、ある程度のダイエット効果はきたいできるでしょうし、それなりの根拠も説明されています。
「あるある大事典」 や、みのもんたさんの「おもいっきりテレビ」で取り上げられたりんごダイエットの方法では、「青りんご」が推奨されています。青りんごにはプロシアニジンという成分が含まれており、これが肝臓の脂肪燃焼を促進させる効果があり、内臓脂肪の蓄積をおさえる事が出来るのだそうです。メタボリックシンドロームに悩む人にも効果が期待できるということで、最近再び注目を集めています。
単品のりんごダイエットとは違って、このりんごダイエットの方法にはちょっとした手順が存在し、

「青りんごは皮ごと食べる」「食前に半個、1日に1個を食べる」

というものです。プロシアニジンはりんごの皮に多く含まれているので、必ず皮ごと食べるようにします。
なお、おすすめのりんごとして、「黄王」、「トキ」、「王林」が上げられていました。
ちなみに、赤いりんごは抗酸化効果の期待できる美肌成分、「アントシアニン」が豊富に含まれています。その為、ダイエットには青いりんご、美容・美肌には赤いりんごが良いと言われています。

美味しくて飲みやすい、りんご酢ダイエットの方法。

りんご酢ダイエットは健康にも良いりんごダイエットの方法中でも特に手軽なのは、りんご酢ダイエットではないでしょうか。他の酢とは違って、りんご酢は甘酸っぱくて大変飲みやすいものが多く、このダイエット方法ではりんご酢を飲むだけですから、調理の手間もありませんのでとても簡単です。
お酢にはアミノ酸による脂肪代謝アップ効果や利尿作用、便秘解消の効果とそれによるむくみの解消も期待できます。さらには血糖値の急上昇を防ぐ働きがあり、さらにはクエン酸による新陳代謝アップなど等、ダイエット効果はもちろんですが、美容・美肌面への効果も大きく、肩こり腰痛、口臭予防、疲労回復効果など、健康面へも数々のメリットをもたらします。
りんご酢に含まれる有機酸(酢酸、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸など)は腸内の善玉菌は生かし、邪魔な悪玉菌だけを抑える働きがあります。当然りんご酢にも、前項までに紹介したペクチンが含まれていますから、より整腸作用が優れていると言えるでしょう。
他にもカリウムがむくみ対策に効果を発揮しますし、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも含んでおり、りんご酢は大変優れたダイエット食品でありながら、優れた健康食品でもあるわけです。
一般的なりんご酢ダイエットの方法としては、1日に原液30mlを、水で5~8倍程度に薄めたものを食後に飲みます。食前に飲んでも効果があるのですが、多少胃に負担がかかるので、胃腸の弱い方は食後の方が問題が少ないでしょう。また、ヨーグルトなどに混ぜて摂る方も多いようです。

りんごダイエット方法と一緒に紹介された「みかんダイエット」とは?

あるある大事典で「りんごダイエット方法」が紹介された時、「みかんダイエット」なるダイエット方法も紹介されていましたので、ついでにご紹介しておきます。
このみかんダイエットとは、消化酵素の働きを抑え、糖の吸収を抑える食物繊維の「ペクチン」と、脂肪燃焼リパーゼを活性化させ、基礎代謝もアップさせる「シネフリン」に注目したダイエット方法です。

「食前にみかん1個、Mサイズを1日3個を目安に食べる」「すじや袋ごと食べる」「できるだけ青いみかんを食べる」

というような方法ですすめていきます。 青いみかんはすっぱいですが、シネフリンは青いみかんに豊富に含まれており、みかんは熟してしまうと半減していしまうと言われています。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017生活の知恵ドットコムAll right reserved.
-生活の知恵ドットコムには役に立つ情報が集まっています-