腹筋の消費カロリー

美しいウエストラインをつくる、お腹をひっこめる、腹筋はこういう目的の為によく選択される運動です。このサイトではそんな腹筋の消費カロリーはもちろん、そのやり方や、腰痛の方の為に腰に負担をかけない方法などなど、メタボリックシンドロームやくびれが欲しい方に向けに解説しています。

メタボリックシンドロームも、美容目的の人も気になる腹筋の消費カロリー

ダイエットをしている人、特にメタボリックシンドロームと診断された、あるいは診断されそうだと感じている方にとって、腹筋でお腹を引っ込ませたいと思っている方は少なくないでしょう。ではこの腹筋運動ですが、どれぐらいの消費カロリーなのか、ダイエットに効果的な方法なのか、色々と気になるところです。腹筋を綺麗に割りたいとか、くびれを作りたいというような、明確な目標がある方以外は、腹筋の消費カロリーはきになるところでしょうしね。
というわけで、ここでは腹筋の消費カロリーや、正しい腹筋のやり方などを掲載しています。正しい腹筋のやり方・方法を覚えて、メタボリックシンドロームなお腹・ウエストを引き締めましょう。

腹筋の消費カロリー計算方法、腹筋はダイエット向き?

では早速、腹筋による消費カロリーの計算方法を説明します。腹筋運動によって、「体重1kgが1分間に消費するカロリーは0.1485kcal」です。この数字を基本とし、これに性別や年齢による補正係数を掛けて計算していきます。

性別・年齢による補正係数(男性)

性別・年齢による補正係数(女性 )

20~29歳 1.00

20~29歳 0.95

30~39歳 0.96

30~39歳 0.87

40~49歳 0.94

40~49歳 0.85

この表の情報を元に、腹筋の消費カロリーを計算していきます。
例えば、 「20代で体重が56kgの女性が1時間腹筋を続けた場合の消費カロリー」は、

56kg x 0.1485 x 60分 x 0.95 = 474kcal

以上のように腹筋の消費カロリーが計算できます。しかし、1時間腹筋をやり続けるなんて、普通の方にはまず無理ですから、これはあんまり現実的な数字はないでしょう。女性であれば10回も腹筋できないという方が多いですから、3分にも満たないの方がほとんどではないでしょうか。そもそも、1時間も腹筋が出来る方は、腹筋が割れていて、ダイエットも必要ない方だと思われます。

消費カロリーは期待できなくても、腹筋はダイエットに効果的

前項の計算どおりにやると、腹筋による消費カロリーは絶望的な数字にみえます。ということは、腹筋はダイエットに向かない運動なんじゃないかと思いがちですが、もちろんそんなことはありません。ダイエットは体重を落とすことだけが目的ではなく、見た目も大事だからです。腹筋運動をすることにより、消費カロリーは少なくても、たるんだ腹筋を引き締める効果は期待でき、体重にあまり変化が無くとも、すっきりとしたお腹やウエストラインを作り出すことができます。

腹筋ダイエットですっきりとしたウエストラインを作る、ただし部分やせは無理

ウエストのくびれただ、ここで勘違いしてはいけないのは、「部分やせ」ではありません。
人間の体は、一部分の脂肪だけを燃やすなどという、都合の良い事ができるように作られていません。腹筋はあくまでもお腹の筋肉が引き締まる効果を発揮するもので、お腹の脂肪が燃えてウエストがすっきりするのではなく、下にさがっていた筋肉が、上に持ち上げられることによって、見た目がスッキリとしたお腹になるということで、これによってメタボリックシンドロームの判断基準である85cmといった数字をクリアできるかもしれないということです。
部分やせができなくてもがっかりしないで下さい、ダイエットは見た目の方が重要です。始めて出会う人は、あなたの体重を聞いたりしせんよね?美容だけに重点を置けば、ダイエットで大事なのは「見た目」がどうなのかということです。

正しい腹筋のやり方・方法、腰痛に優しい腹筋方法など

では正しい腹筋の方法ですが、初心者の方におすすめ方法を下記に掲載しておきます。消費カロリーはあまり望めない腹筋ですが、たるんだお腹の肉を引き締めて、きれいなウエストラインの為に、メタボリックシンドローム脱出の為に、腹筋にチャレンジしてみて下さい。

■つま先をベットの下とかどこかにかけて、腕を首の後ろで組む方法。オーソドックスな方法ですが、首を痛めないように注意するのと、腰痛など、腰にに不安がある方は、足をまげて膝を立てた上体で腹筋して下さい。

■仰向けに寝て、両足をあげて、まるで自転車をこぐように足を動かします。この方法は腹筋の下の部分が重点的に鍛えれます。

■仰向けになって、肩だけをあげる方法。この方法は上半身を起こさず、あくまでも肩だけをあげてください。腹筋の上の部分が鍛えれます。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2017生活の知恵ドットコムAll right reserved.
-生活の知恵ドットコムには役に立つ情報が集まっています-